ドラマ(drama)

いよいよ未来から来た人類との戦いが始まりました。一番好きなドラマ「フリンジ」

基本料金だけでフリンジが観れるU-NEXT(ユーネクスト)で、フリンジのファイナルシーズンであるシーズン5を観てました。

https://youtu.be/aO0QPd2QcO8

フリンジの最終シーズンであるシーズン5はそれまでのシーズン4までの話とは一変して、高度な科学技術を持った未来社会から来た侵略者たちとの戦いです。侵略者たちといっても、人類のははるか未来の子孫たちです。

科学技術が進んで、現代の人々にはできないことができるので(例えば人の心を読むなど)現代の世界では圧倒的優位に立ち、現代の人々を支配するようになります。

その侵略者たちに立ち向かうのは、アンバーという、世界の亀裂を塞ぐための、気体が瞬時に固形化する樹脂製のものの中に25年もの間閉じ込められていた、というよりはむしろ自分で自分を閉じ込めた、かつてのオリビア・ダナムをはじめとするフリンジチーム4人と幼い頃、侵略者が突然現れビルなどを爆破した時に行方不明になっていたオリビアとピーター・ビショップの娘のエッタです。

なぜ自分で自分をアンバーに閉じ込めたかというと、侵略者である遥か未来の人類の手から逃れ隠れるためでした。

ドラマ「フリンジ」シーズン5

このシーズン5は全15エピソードで未来から現れた侵略者である進んだ科学力を持った人類との戦いが描かれています。

かといって、全くこれまでのシーズン1からシーズン4までの話と全く無関係かというと、そうではありません。

最後には、それら過去の事件で集めたものがとても重要な攻撃手段になったりしています。

しかし、物語としては、今までの延長線上にはなく、強いて言えばシーズン1からシーズン4は、通常のテレビ番組で、シーズン5は映画化された作品のような感じです。(実際にはシーズン5もテレビ版です)

前半のシーズン4までのストーリーは、オリビアとピーターの間に子供ができた、ということがわかってふたりとも幸せに包まれた形でエンディングを迎えます。

後半のシーズン5では、オリビアとピーターの子供のエッタが3歳と1ヶ月と4日で生き別れになったところから物語は始まります。

シーズン5は全部で15話あり、その全てが侵略者打倒計画を進めていくストーリーですが、その中でも、エピソードごとに、一区切りはつくようになっています。

犯罪捜査を行うこれまでのオリビア・ダナムFBI捜査官とピータービショップ、ウォルタービショップ博士、そしてスァーンズワース捜査官の時とは違って、今度は侵略者たちが作った権力社会への打倒という全く違う使命をになります。

フリンジチームもかつてのフリンジチームとは違って、侵略者たちが作った権力社会へ抵抗する人たちを取り締まる仕事に変わってしまいます。

そこのボスは、シーズン1からシーズン4でもボスだったフィリップ・ブロイルズ捜査官です。

しかしブロイルズ捜査官は、役目柄仕方なく抵抗勢力への取り締まりを行いますが、それは仮の姿でいつの日か世界を未来から来た侵略者から取り戻す機会をうかがっていて、侵略者の信頼を得ることによって、様々な侵略者の情報を極秘情報も含めて集め、いつの日か機が熟したら侵略者たちを倒すためでした。

via PressSync

-ドラマ(drama)
-, , , , ,