映画(movie)

シュワちゃんの出世作「ターミネーター(1)」を観てました

シュワちゃんことアーノルド・シュワルッツネッガーさんと、監督のジェームズ・キャメロンさんの出世作です。

ターミネーター

こんなことは言わずと知れたことですね。

B級映画並みの低予算で作られました。

どのくらいの予算かというと、1985年に公開されていますので、当時のお金で
$6,400,000です。

ターミネーター第1作目の予算
ターミネーター第1作目の予算


6,400,000ドル(640万ドル)を現在の米ドルの価値に直すと、約16,000,000ドル(1600万ドル)です。

これを、現在(2020年3月18日)の円対ドルの為替相場(1ドル=107.43円)で計算すると約17億1千万円になります。

為替相場 円とドル 2020年3月18日

ちなみにご存知の通りこの映画は大ヒットして全世界での興行収入は78,371,200ドルで現在の価値に直すと約195,000,000ドル(1億9500万ドル)です。日本円で約209億4千万円です。

この映画がいかに低予算で作られてそしてヒットしたかが金額面からもわかります。

まさにすごい映画です。アイデアと行動力と人をまとめ動かすことができれば、これだけ大きな仕事ができるということですね。

以下参照サイト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC_(%E6%98%A0%E7%94%BB) https://westegg.com/inflation/ https://ecodb.net/exchange/usd_jpy.html https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC2

第2作のターミネーター2を作るための予算は$102,000,000(1億200万ドル)で2019年の貨幣価値に直すと$193,900,000(1億9390万ドル)と第1作目の予算の約12倍です。日本円では約208億3千万円です(20,830,677,000円)

via PressSync

-映画(movie)
-, , ,