音楽(music)

「フィルムの向こう側」南野陽子さんの曲

南野陽子さんのゴールデン・ベスト

今は、南野陽子さんのアルバムのゴールデンベストを聴いてました。

丁度いまは、「フィルムの向こう側」という、アフリカやインドなど恵まれない子供達や大人の人たちを思いやる曲を聴いていたところです。

それで改めて思ったのは、作詞家の人はすごいということです。

いま聴いている曲もそうですが、南野陽子さんが歌っているので、すべて南野陽子さんの手作りのような錯覚に陥りますが、曲を作ったのも、詞を書いたのも、プロの作曲家さんや作詞家さんです。

それがあたかも南野陽子さんが全て行ったかのように思わせる作詞家の人はすごいです。

どこがすごいかというと、ちゃんと南野陽子さんの魅力や個性にぴったりとあった曲や詞を使っていてそれでまるで南野陽子さんがご自身で作られた曲や詞のように感じてしまうところです。

これだけ、ぴったりと南野陽子さんの魅力や個性に当てはまると、本当にそう思えてくるのが不思議というか、すごいです。

でもいまは、そんな理屈は忘れて、南野陽子さんの気持ちとして受け止めて、曲に浸りたいと思います。

Posted from SLPRO X for iPhone.

-音楽(music)
-, ,