音楽(music)

薬師丸ひろ子さんのアルバム「時の扉」癒されます

上記のアルバムが薬師丸ひろ子さんが歌う「時の扉」です。

今もこのアルバムを聴きながらこのブログを書いています。

「時の扉」は誰しも一度は聞いたことがある童謡が主な曲になっています。

昔のなんだか懐かしい気持ちにさせてくれる歌です。

また、薬師丸ひろ子が歌がうまいです。童謡は誰でも歌えるように作ってありますが、それだけにうまい下手がはっきりと現れてしまうところがあります。

セーラー服と機関銃の映画に出ているときとは違う、歌手としての薬師丸ひろ子さんが垣間見られるアルバムです。

でもこのアルバムにはちゃんとファンのことを考えて、ヒット曲「セーラー服と機関銃」や「夢で逢えたら」という定番の聴きたい曲も入っているのがいいですね。

わたしは薬師丸ひろ子さんの歌はごく最近に聴きはじめました。

最初は、音楽配信サービスが自動的に選曲した曲の中に入っていたのを聞いたのがきっかけです。

その瞬間、これは、と思いました。

この人はただの歌手じゃないと直感しました。

その声量の大きさ、そしてただ声量が大きいだけではなく、それを自在にコントロールして、弱く歌うところは弱く、高く歌うときは高く、ちゃんとメリハリがはっきりしていて、感情を直接刺激します。

天才だと思います。

この今聴いている「時の扉」も音楽配信サービスでどんな曲かわからないけど聞いてみようと思ったのがきっかけでした。

こういう試し聴きができるのも音楽配信サービスのいいところです。

一枚一枚買って試し書きしていたら、お金がいくらあっても足りません。

下記はこのアルバムに入っている曲です。

いい曲ばかりです。

そして最後の方にはちゃんとファンの方が喜ぶ「セーラー服と機関銃」や「夢で逢えたら」が入っていています。

こうした心配りは嬉しいですね、

via PressSync

-音楽(music)
-, ,