未分類

2月15日で作業所1年たちました。

就労移行支援に通って先月15日で一年たちました。就労移行支援事業所という名前は長いので普段は作業所と呼んでいます。通院しているお医者さんがそう呼んでいたので私も真似しました。1年いるうちに就職が決まって卒業した人が多いです。私より早く入った人は数えるほどしかいません。本当は昨年の9月から就職活動をする予定でしたが、その前後に薬が変わって調整に時間がかかりました。それまで飲んでいた薬は血糖値上昇の副作用のため変更を余儀なくされました。まさかこのような展開になるとは思ってもみませんでした。ジプレキサという薬でしたが私には良くあっていて気分がとても安定していました。問題点といえば食欲が異常にでてきて見る見るうちに体重が10キロ近く増えたことです。1年間で10キロというのはこれまでの人生で初めてのことでした。今までは、食べても太らない体質だと思っていたので少しショックでした。体重が増えるのだけならまだしも血糖値の上昇は深刻でした。薬をやめてもすぐには下がらず、お医者さんには糖尿病かもしれないといわれていたくらいです。血糖値の上昇は血管をぼろぼろにしてしますので油断できません。私も病院勤務のとき透析にいましたので、糖尿病性の腎症で透析になる方が半数以上ありその怖さは知っています。
ジプレキサを中止して他の薬で代用することになりましたがなかなか元に戻りませんでした。当然といえば当然です。でもなるべく近い薬を先生は出してくださったようです。それから3ヶ月はいろいろな薬を試しました。量も増やしたり減らしたり1週間ごとに微妙に変化しました。

-未分類