未分類

職業評価

私が通っている就労以降支援事業所で3回にわたって「職業評価」なるものを受けました。週に一回、3週にわたっておこないました。

この職業評価とは事務処理能力を測る物差しです。コピー取りから始まって、書類を分類しファイリングしたり、パソコンで決められた書類を正確にプリントアウトできるか、Fax送付状をきちんと書いてFaxを送れるか、そしてメール便を各部署ごとに正確に仕分けできるか、最後にビジネスメールを送れるかの6点についてタイムを計りながら行われました。

タイムを計り、先生が見ているところでやるので大変緊張し、つまらないところでミスをしました。ただ実際の事務仕事に直結することなので事務仕事に就くにはどうしても通らないといけない登竜門ですね。

先生の評論は、おおむね正確に行ってはいるが若干メモを見すぎる傾向があるというものでした。

確かに、私はメモに頼り過ぎてメモ帳の別のところを見てしまい、かえって失敗していました。

今後の反省材料です。

-未分類