未分類

アバターの世界

映画アバターの世界はある意味、私の理想の世界です。
エイワへの信仰があり価値基準がはっきりしています。エイワのお告げがあればそれが最優先されます。経済的な発展という意味では遅れているといわざるを得ませんが一番大切な信仰があります。
動物たちと心通わせることが最初は大変ですができます。
でも私の好きなパソコンもないようですので、ちょっと退屈してしまうかもしれません。
実際に住むと考えるとどうかなと思いますが、映画としてみるにはわたしは何度見ても飽きない気がします。現実の世の中が余りにあわただしいので、アバターの世界を見ると、別荘に来たようでほっとするのかもしれません。
私があまり何度も見るので妻は、「もう飽きた」と言っていて、妻の前ではあまり見れなくなってしまいました。非常に残念です。
私にとって映画アバターはヒーリング映像のような気がします。

-未分類
-, ,